平成19年4月17日(火) 第2回

日本国憲法の改正手続に関する法律案(第164回国会衆第30号、第164回国会衆第31号)(衆議院提出)

【質疑者】

 中川  雅治 君(自民)

 岡田  直樹 君(自民)

 魚住 裕一郎 君(公明)

【主な質疑項目】

 ・国民投票法案提出の経緯

 ・憲法の改正限界の有無及び改正限界を超える憲法改正発議の効力

 ・憲法の全面改正の可否

 ・現行憲法下における二院制の意義と憲法改正審議の在り方

 ・国民投票の対象について

 ・憲法問題の予備的国民投票のイメージ

 ・年齢要件を原則18歳とした理由及びこれに伴い整備が必要となる法律

 ・投票用紙への賛否記載の方式

 ・過半数の意義

 ・最低投票率を設けることの是非

 ・投票率が非常に低い場合における投票結果の政治的正当性

 ・憲法改正国民投票を国政選挙と同時実施することの是非

 ・国民投票運動規制の在り方

 ・公務員の政治的行為の制限への対応

 ・有料広告放送規制の意味及び投票日7日前から同14日前に変更した理由

 ・放送法第3条の2第1項の規定に留意する旨定める規定の具体的意義

 ・インターネット規制の在り方

 ・憲法審査会合同審査会の目的・性格・勧告権

ページトップへ